電気製品から変なにおいや変な音がする

電気製品が正常な動作をしているときは変な臭いや変な音はほとんどしません。

ほこりなどの付着による摩擦の増大、グリスの消耗による摩擦の増大、スイッチ類の接点の劣化、コネクターなどの電気接続部分の錆などによる放電、など消耗、付着、劣化が原因となっている可能性があります。

長年使ってきた電気製品の変化に気づいたら早めに電気店にご相談ください。

お店に持参していただいてもかまいませんし、電話による出張点検などもしています。

故障する前にご連絡いただければ事前に危険や不便を回避できます。

地元の電気店ならではのサービスをご利用ください。

 

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード

現在、コメントフォームは閉鎖中です。

フクアデンキ all rights reserved.