エアコンの修理

Filed under: エアコン — 電気の相談係 @

インバーター冷暖房除湿タイプ ルームエアコン CS-X222C

エアコンの調子が悪くなったら以下の点をご確認ください。

(冷房の場合)

1.いつもと異なるランプがついたり消えたりしている

電源を入れるとランプが点滅してしばらくするとこの点滅がなくなります。この点滅がいつまでも続いているようであればエアコンが何らかのエラーで動作していない可能性があります。点滅の仕方によって異常の分類ができますので電気店やメーカーにお確かめください

2.室内機から水が漏れてくる

配水管が詰まっている可能性があります。配水管から水が出ているかどうか確認してください。

3.エアコン動作中に排水が出てこない

エアコンのスイッチを入れてからしばらくすると必ず水が出てきます。もし出ていないときは故障の可能性があります。

4.エアコンのスイッチを入れたのに室外機の動作している音がしない。

室内機の電源が入っていても室外機が動作していない場合があります。

5.エアコンの室外機のファンが回っていない

6.室外機が異常に熱くなっている

冬場の暖房はエアコン以外にも多くの暖房機器がありますのでエアコンが故障していてもそれほど不自由は感じませんが、梅雨を過ぎたころからエアコンの取り付け修理が急に増えます。忙しい時期に頼むとかなり待たされることがありますのでシーズンオフの今のうちに動作を確認して対処しておいた方がよいと思います。

コメントはまだありません

まだコメントはありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード

現在、コメントフォームは閉鎖中です。

フクアデンキ all rights reserved.